脳の活性化を促進し、認知症の症状の進行を抑制する薬アリセプト

アリセプトはアルツハイマー型認知症や、レビー小体型認知症の症状の進行を抑制させる作用のある医薬品です。

認知症の治療薬として古くから知られており、国内と国外において大きなシェアを占めている薬となります。

アリセプトの薬の種類としては、口腔内崩壊錠とゼリー剤、ドライシロップなどがあります。

アルツハイマー型認知症の場合には、1日1回3mgの量から服用を開始して、副作用が無いことが判断できれば、1~2週間後から1日1回の服用で5mgの量を飲みます。

高度のアルツハイマー型認知症であれば、5mgの量を4週間以上にわたって服用して、その後に1日あたりにつき10mgの増量を行います。

脳の活性化を促進させるための医薬品で、朝に処方されることが多いですが、体の中に留まる半減期が長い特徴があるために、飲む時間帯による血中濃度への影響は少ないものと考えられます。

臨床試験の結果として、レビー小体型認知症にも処方されます。

認知症を発病する人は、神経伝達物質であるアセチルコリンが脳内で減少している特徴があります。

脳内にはアセチルコリンを分解する酵素があり、その酵素の作用を阻害することによって、アセチルコリンの濃度を高めることで、神経伝達を助ける効果があります。