認知症治療に使われる薬アリセプト

日本人の多くが長生きをするようになり、大きな社会問題になっているのが認知症です。

最近では認知症高齢者の徘徊や車事故などが多く報道されるようになり、認知症の高齢者を地域でどのように介護していくかということが大きな問題になっています。

認知症は脳の器質的変化による病気であるため、進行性の病気で治療は難しいとされています。

しかし、最近では認知症治療に効果が期待できる薬が複数開発されており、臨床現場でも多く使用されるようになってきています。

認知症の治療薬で最も有名な薬がアリセプトです。

アリセプトはアルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の症状進行を抑制する薬です。

認知症の薬としては歴史があり、国内外ともに大きなシェアをもっている薬です。

アリセプトは認知症の患者でも飲みやすいように様々な形状のものが発売されています。

口腔内崩壊錠という少量の水で溶けるタイプのものや、ゼリータイプのもの、ドライシロップのものなどがあります。

嚥下能力が低下しているケースや薬の服用を拒否するケースでも服用しやすいようになっているのが特徴です。

研究の結果、認知症の人はアセチルコリンという神経伝達物質が減少していることがわかっており、アリセプトはアセチルコリンが減少するのを防ぐ役割を果たします。

結果として認知症を治療することができます。